2017年9月27日水曜日

ホテルの種類

【日本のホテルの種類】




最近ではいろんな形態のホテルが誕生している為に一概に種別を分類できないようなホテルもありますが、大きく分けるとシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、ラブホテル、カプセルホテル、と呼ばれる5つになります。


▪️シティホテル

都市部や駅の近くなどにあり、会議室や飲食店舗(レストラン、バーなど)、結婚式場などの宴会場も備えた総合的なサービスが提供可能なホテルです。プールなども備えた所もあり、一口にシティホテルと言ってもハイレベルな所から様々です。


▪️ビジネスホテル

宿泊機能に特化したサービスのみを提供するホテルです。ルームサービス等は基本的にありません。


▪️リゾートホテル

観光地や温泉地などにある総合サービス型のホテルです。


▪️ラブホテル

カップルを対象にしたホテルです。宿泊を伴わない各種短時間の滞在プランも提供されます。近年は、一般のホテルのようなラブホもあって昔に比べて形態は変わりつつあります。同様にビジネスホテルもラブホ的な多様な細分化されたデイユースプランを提供する所も増えてきました。

>>>都内のカップル向けホテル


▪️カプセルホテル

簡易的なカプセル型のベッドのみがあるホテルで、トイレやシャワーは共用になります。

>>>大画面テレビがあるカプセルホテル〜東京/北千住

>>>カプセルホテルよりゆったりした新しいタイプの寝台型ホテル〜MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前

2017年9月23日土曜日

ホテル価格の比較サイトだけでは分からない最安値

【ホテル価格を確実に比較する最良の方法とは?】






ホテルの価格を比べるのに、一番手取り早いのは、いわゆる〈ホテル比較サイト〉で検索してみる方法だが、実際は価格差がそれ程ある訳でもなく、同条件であればほぼ横並びの場合が多い。

もし価格に大きな違いがある時は必ず詳細をよく確認するようにしよう。部屋のタイプ部屋の位置利用時間などの条件により安くなっている場合もあるからだ。ただ同条件でも仕入れ方法の違いからか予約サイトによって大きな価格差があったりすることも確かだし、ポイントが貯まるようなシステムがある場合や決済レートの関係などで価格に違いがでることもあるようである。

先に結論から言うと、現在の〈ホテル比較サイト〉にはいくつかの欠点があり、本当に最安値のホテルプランを見つけるには結局は面倒だが自分で代表的な予約サイトを巡回してみるしかないと言うことになってしまうのだ。

その理由は

①ホテル比較サイトは情報の反映にタイムロスが生じるためにリアルタイムで最安値は反映されない。もし掘り出しものがあったとしても短時間で無くなることが多く、実際に比較サイトに反映された時には該当するプランはすでにないと言うことが結構ある。

②予約サイトが独自に仕入れているホテルの会員向けの特別価格プランなどは比較サイトには反映されない。つまり予約サイトが会員向けだけに提供している目玉の料金プランは比較サイトには表示されないことになる。

ホテル比較サイトに情報が掲載されないサイトがある。例えばある比較サイトではyoyaQの情報は反映されない。yoyaQは会員向けの特別価格プランや直前割引プランを提供しているのでチェックすべきサイトの一つだ。

④予約サイトによってはポイントがつく所も多く、利用頻度によっては実質負担額が変わる場合もある。

では実際にどのようにホテル価格を調べるのがベストなのかと言うと、最終的には代表的な予約サイトをリアルタイムで巡回してみるしかないのであるが、その目星をつけるのに比較サイトを使うのは有効だ。

まず比較サイトで検索して、自分が望む条件のホテルに目星をつける。(リンク先でまだ空きがある情報なのかも確認する。)

次に、二度手間だが予約サイトを巡回して、最新の情報を確認する。勿論上記のような比較サイトに情報が提携されていない所も確認する。

ちなみにサイトによって料金が税込、税抜だったりするので、注意が必要である。うっかり税抜き価格を見て安いと勘違いしないようにしよう。

また、2名で1室を予約する場合などは1名あたりの価格が表示されるサイトも多い。良く見れば分かるのだが、これもうっかり安いと勘違いしないようにしたいものだ。

さらに比較サイトによってはデイユースも宿泊プランに混ざって表示されてしまう場合もあるので注意が必要だ。

私の場合は比較サイトは国内ホテルに強い「トラベルコちゃん」を使っている。


>>>トラベルコちゃん

ここは何時間前に収集した情報なのかも表示される為に分かり易いし、上記したyoyaQの情報も含まれている。

そんな訳で国内のホテルを予約するなら比較サイトだけでなく、以下の代表的的な予約サイトで一通り検索してみてから決めることをお勧めする。



>>>じゃらん
リクルートが運営するホテル予約サイト。情報量も充実している。

>>>楽天トラベル
文字通り楽天が運営する予約サイト。他サイトにはないプランの扱いがある場合もある。

>>>一休
ビジネスホテルから高級ホテルまで幅広く扱っているが、特に高級ホテルを得意とする予約サイト。(だからと言って他サイトに比べて価格が高いことはなく、ビジネス、シティーホテルクラスでも他サイトよりも安い場合もある。)

>>>JTB
他サイトにはないホテルの取り扱いがあったり、格安プランがたまに見つかる予約サイト。2017年にるるぶトラベルと統合予定。

>>>yoyaQ
カカクコムが運営するホテル予約サイト。特に直前予約の割引価格を売りにしている。地域によって得意、不得意はあるようだが会員のみに公開される割引情報もあるので登録しておくと便利。


※上記内容は現況と異なる場合があります。必ず予約ページ等でご確認下さい。

2017年9月1日金曜日

進化したアパホテルのアプリ

【会員カードが不要になるアパホテルのアプリ】






本日からアパホテルアプリの機能がまたまた進化してアプリ内で会員カードを表示できるようになりました。

と言っても会員情報の2次元コードが表示されるだけなのですが携帯画面を見せるだけで、わざわざカードを探して取り出すこともしなくて良いのでとても便利です。

※QRコードは加工してある為に実際の表示と異なります。



とは言ってもこの会員カードの表示機能が搭載される以前からアプリを使って予約をしていた私は、携帯画面を表示するだけで良かったのでずっとアパカードを提示することはなかったのであまり状況は変わらない気もしますが、画面を機械的に読み込むことでさらにスムーズなチェックインが可能になるのかも知れません。

このアプリ、以前にも書きましたがかなり便利で画期的なものでアプリだけで、予約、決算、フロア図面からの部屋の選択、さらにはチェックインまでアプリ内ですべてできてしまうのです。(部屋の選択については準備中と表示されて選べない時も多々ありましたが、最近は比較的できています。)

実際のホテルに着いてからのキーの受け取りにどれくらい時間がかかるかと言うと、意外にキーの発行までに時間がかかる所もありましたが、最近宿泊したホテルでは携帯画面を提示して10秒もたたないうちに準備されていたカードキーを受け取ることができました。

スムーズにいくと、こんなに便利なものもないと実感。なので最近はアプリからしか予約はしてません。


尚、現在アプリを使って予約した人を対象に「全国アパホテル巡り/スタンプラリーキャンペーン」(2017年8月5日〜2017年11月5日)言うのが行われています。




これは期間中、同じホテルでは1つしかスタンプは貰えませんが、5つスタンプを集めると1,000ポイントが貰えると言うお得なキャンペーンです。

新規オープンホテルなど、場所によっては2ポイントが付加される所もあるようです。



アパホテルの場合は5,000ポイント貯まるとキャッシュバックができるので、現金にすると1,000円貰える計算ですね。

どんどん便利になってゆくアパホテルのアプリ。そのうちアプリが部屋のキーになったりもするのでしょうか。


【関連記事】



※上記内容は現況と異なる場合があります。必ず公式Web等でご確認下さい。